« PAGE2006 | トップページ | PWA(Project Work Abillity)検定 »

2005年12月15日 (木)

Windows server 2003の設定

社内のWindows2000serverで稼動中の基幹業務システムが不安定で、年末の忙しい時期に停止してしまうと困るということで、新しいサーバーマシンを1台購入しました。
OSはWindows server 2003です。
このOSは雑誌で概要を知る程度で実際に使ったことはないのですが、http://www.fmmc.or.jp/~fm/nwts/w2003s/という、本当に初心者でもわかる説明をしてくれてあるサイトのチカラを借りて、設定してみました。
この親切なサイトはおそらく2,000円以上はするであろうマニュアル本と同等の価値はあると思います。
とにかく、このサイトのおかげで2日かかると思われた設定・構築作業が1日で終わりました。しかも、非常に勉強になりました。
このサーバーには、弊社の業務データベースFileMakerServerをインストールして、メインマシンがダウンしたら切り替えられるようにしました。とりあえず、ウィルスバスターのコーポレートエディションを購入・インストールして、緊急時以外の時の役割として、バスターの管理をやらせることにしました。

バスターで思い出しましたが、スパイバスターのβ版をテスト的に使っています。
今までSpywareBlasterとSpybot-serchを使っていましたが、使い勝手はバスターの方が良いですね。それにパターンファイルのアップデートを頻繁に実行するので、新型スパイの対策はできると思われます。
また、WindowsUpdateが終わった後には、うるさいくらいに「システムが更新されようとしてます」と警告してくれるので、強固なガードマンになりそうです。
検出についても他のソフトでは検出できなかったスパイもどきを検出してくれましたし、仮に検出したスパイもどきを削除しても、それが必要なものだとわかったときに復帰できるようになっているので非常に頼もしいです。
若干の不具合はあるようですが、正規版が発売される時には改修されていると思われるので、後は、販売価格しだいでは買いだと思います。
こちらの希望としては、ウィルスバスターの拡張機能的なものになってくれると管理が楽になるのに…というところです。

|

« PAGE2006 | トップページ | PWA(Project Work Abillity)検定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158572/7636421

この記事へのトラックバック一覧です: Windows server 2003の設定:

« PAGE2006 | トップページ | PWA(Project Work Abillity)検定 »