« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の15件の記事

2006年8月31日 (木)

ウェブアクセシビリティ中級講座

昨日、NPOハーモニー・アイ主催の「ウェブアクセシビリティ中級講座」を受講してきました。
参加定員30名限定ということでしたが、実際には40名以上の受講者で会場は満席でした。
アクセシビリティに対する関心度が高いことを知ることができました。

また、前回の初級講座も実践的で満足できる内容でしたが、今回の講座に於いてもWeb制作上アクセシビリティが如何に重要であるかを具体的に知ることができて満足しましたし、ユーザービリティテストの報告を踏まえた"Web制作上のチェック項目"を一覧にまとめた資料もよく整理されていて勉強になりました。

Web制作に関するテクニック的なことをもっと深く勉強していかなければならないと実感しました。
まだまだ勉強不足です。

ところで、NPOハーモニー・アイには、私個人が"正会員"として、会社が"賛助会員"として入会登録をしました。
理事長の馬場さんはとても活発でバイタリティ溢れる女性で、圧倒されまくりですが、良い関係づくりができると思っています。

私個人としては、"財団法人インターネット協会インターネット利用アドバイザー資格"と"NPOハーモニー・アイ正会員"としての肩書きを持ったわけですから、正々堂々とユーザービリティとアクセシビリティの啓蒙活動をしていきたいと思っています。

明日は、ショッピングモールサイトの構築・運用を弊社に依頼されたクライアント様に対してプレゼンをおこなうことになっています。
提案資料はだいたい揃ったのですが、問題は構築・運用費の見積り金額です。
とりあえず、サイト構築の初期費用だけ提示するつもりですが、運用費(ランニングコスト)の見積り金額が驚くほど高額になってしまったので、つっこまれたらどうしようと思って、策を練っています(運用を考えると人件費が馬鹿にならないですから…)。

策を練っている合間に、山田真哉さんの『さおだけ屋はなぜ潰れないないのか?身近な疑問からはじめる会計学』(光文社新書)を読んでみました。
半年前に購入したのものの、読まずに放置していた本だったのですが、なんとなく本棚を整理していたら「読んでください」と囁かれたような感じがして、手にとって読み始めてみたところ、予想外に面白くて一気に読み進めてしまいました。
この本は、ネットビジネスをやろうと意気込んでいるものの、数字に弱いから不安があると思っている人にはお勧めです。
また、この本を読んだ後に、渋井真帆さんの『あなたを変える「稼ぎ力」養成講座』を読んで勉強すると会計学にますます興味が持てるようになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月30日 (水)

DTPエキスパート認証更新試験

JAGATから第26期DTPエキスパート認証更新試験の問題が届きました。
全部で32問、設問数は193問あり、提出期限は9月20日(水)となっています。
今期で6回目の更新試験受験となりますが、今までになく難問揃いなので不安になっています。
DTPから遠ざかって久しいので、これを良い機会としてDTPのことを復習してみます。

本日は、これから「ウェブアクセシビリティ中級講座」を受講するために東京に向います。(現在15時50分)
新幹線での移動中に、インプレス・ジャパン発行の『RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス』とワイズノット発行のフリーペーバー『NEXT WISE 10月号』を読むことにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

クロスメディア研究会 =8月定例会=

本日は、クロスメディア研究会の拡大ミーティング「拡大する地域文化資産のデジタル化と活用」に参加してきましたが、期待はずれな内容で残念でした(同行したWebデザイナーも今回もハズレだと言ってましたが…)。
批判的な感想しか浮かびませんので、コメントは控えておきます。

そして、さらに残念なことに、9月4日(月)にJAGATで開催予定となっていた「Webアクセシビリティ+クリエイティビティ 提案・制作・対応 実践ポイント」というセミナーが定員に満たなかったために中止になってしまったのです。
印刷会社には"Webアクセシビリティ"は興味が持てないテーマなのかもしれません。

明日は、NPO法人ハーモニーアイ主催の「ウェブアクセシビリティ中級講座」に参加します。
今回は実際にWebサイトのユーザーテストを実施した結果を元にして、技術的にどのように解決していけば良いのかをアクセシビリティに配慮したWebサイト構築例を具体的に指導してもらえるようですので、楽しみにしています。
JAGATと同じく"Webアクセシビリティ"をテーマにしているのですが、こちらの講座は満席状態らしいです。

印刷業界とWeb業界の温度差を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

インターネット利用アドバイザー研修

8月26日(土)に財団法人インターネット協会のインターネット利用アドバイザー研修会に参加してきました。
研修会では、講演時に留意すべきことを、デモ講演の中で見本を見せてもらいながら、次のようなことを説明してもらいました。

============================================
アドバイス、講義・講演時に留意すること

1. 講義、講演、セミナー、研修などの依頼を受けた場合の事前準備
◎主催者(依頼者)はどのような話を希望しているか確認し、主催者(依頼者)の意向に沿った内容となるように心掛ける。
◎参加者について、事前に分かる限り把握する。
◎会場の設備を確認する。主催者側の担当は会場準備に不慣れな場合もあるので注意する。

2. 話をするときの留意点
◎極端に偏った話はしない。
◎相手の話をよく聞く。受け入れる。議論しない。

3. その他
◎講演・講義等の場合は、当日、余裕を持って現地に到着する。
◎インターネット協会、インターネット利用アドバイザーの資格内容等について正確な説明が出来るようにしておく。
============================================

私の場合、2年前まで某専門学校の臨時講師をしていましたし、CompTIAのCTT+の勉強をしてきた経験もあるため、講演・講義をすることに対しては多少の自信を持っています。
営業職も口八丁で通してきましたし、出たとこ勝負に強い面も役に立つと思っています。
そういう意味では、インターネット利用アドバーザーとしては適任かと思ったりしています。

ところで、第一期インターネット利用アドバイザー資格の取得者は、私を含めて29名でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

受験断念!(T_T;)

SEWのCSMS資格認定テストは提出期日(8月24日)に間に合わせることが出来なかったため、再受験することになりました。
片手間で取り組めるような甘いテストではないので、ジックリと取り組める時期に受験します。

また、明後日に実施される「第2回クロスメディアエキスパート認証試験」の受験も棄権しなければならない状況になってしまいました。
最近、社内で頻発するようになったシステムトラブルを解消するために8月27日(日)は出勤することになったのです(原因は、夏休み期間中に私が実行したメンテナンス作業と関係があるようなので…)。
_| ̄|○

とりあえず、気持ちをリセットして、明日は「インターネット利用アドバイザー研修」が実施されるので、受講してきます。
研修受講終了後に「インターネット利用アドバイザー認定証」が授与されるらしいので、明日からは、財団法人インターネット協会認定の「インターネット利用アドバイザー」としての活動ができるようになります。
NPO法人ハーモニーアイの正会員+賛助会員にも加わりましたし、より利用者に近いところでの動きがとれそうなので楽しみです。

そういえば7月16日(日)に実施された「PWA検定」の試験結果通知は8月24日(木)に発送されているはずです。
明日くらいに届くかもしれません。
この試験は、かなり力を入れて勉強してきているので、合格したいのですが…。

それにしても、クロスメディアエキスパートへの道のりは遠い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

仕事の効率を10倍上げる?

Webの常識統一試験」に再チャレンジして、85点を採ることができました。
Very Good!だそうです。
評価コメントには「あなたはWebクリエイターとして十分すぎるほどの知識を持っています。その豊富な知識を今後のクリエイションに活かして、素晴しいサイトを作ってください。」でした。
お遊びですけれど、息抜きにはちょうど良いです。
▼特製認定バナーというものを獲得しました。
WD Examination 1 Passed!

また、昨日、捌見習さんから紹介していただいた「週刊東洋経済(8月26日号)」を読んでみました。
"仕事の効率を10倍上げる!超情報整理術"ということで「グーグル」「ミクシィ」「ウィキ」の新「3種の神器」の使いこなしについて特集されていましたが、私が日常的に利用しているサービスが書かれていたため、"効率10倍"はちょっと誇大表現じゃないの?!と疑問に感じました。
私の場合は、趣味の効率を1.5倍程度上げられそうなヒントを得ることができました。

ところで、弊社の顧客からショッピングモールを構築したいという依頼がありました。
50社程度の小売店や生産者が加入してくるものになるようですが、個々のショップをどのように立ち上げて管理していくかを検討していたところ、"MakeShop"のことを「マルコ式ネット白書」ブログで知り、さっそく調べてみました。
当初はカート系の開発ツールで自作しようとしていたのですが、"MakeShop"を知ると馬鹿らしくなりました。
これであれば、初期投資リスクは限りなく0に近い状況でショップを立ち上げることが可能です。
しかも、ドロップシッピングに対応したプランがあるのは驚きです。

Webサイト制作の価値も下落する一方です。
サイト制作でお金を取るのではなく、コンサルでお金を取れるような仕組みを作らないと行き詰まることを実感しました。

仕事の効率を10倍上げても、仕事の価値が10倍下がってしまったら、どうなるのでしょうか?
まさにチープ革命の脅威!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

Webの常識統一試験

『Web Designing(9月号)』に掲載された「Webの常識統一試験」のダイジェスト版をオンラインでトライできるようになっています。
この試験は、「常識」というよりも「マニアック」的な問題のようですが、こういうのもおもしろいです。
また、最高レベルの得点を得られると特製認定バナーがもらえます。
試しにトライしてみたところ70点で、Webクリエイターとしては及第点レベルと出ました。
時間がある時に再チャレンジして認定バナーを獲得しようと思います。

▼「Webの常識統一試験」のオンライン版
http://book.mycom.co.jp/wd/exam/

また、mixiのクロスメディアエキスパートのコミュニティで、捌見習さんから「週刊東洋経済(8月26日号)に、クロスメディアエキスパート認証試験に役立ちそうな記事が特集されていることを教えてもらいましたので、即行で買いに行きました。 
これから読みに入ります。

最近、Blogで知り合った人たちが、SNSへと進出してきているので、ますます親近感が持てるようになっています。
たにさんも「印刷・製本SNS」に入ってきてくれました。感激です。

もしかすると、BlogからSNSへの移行というのは、このような形で進んでいくのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月21日 (月)

新卒者向け入社採用試験の時期到来

本日は、来春卒業予定者の入社採用試験(第1弾として専門学校卒業者対象)が実施されました。
今回から試験内容を変更し、午前中に論述試験とDTP実技試験をおこない、午後に学科試験と面接試験をおこなうことになり、学生にとって非常にハードなものとなったようです。(約5時間という長丁場の採用試験となりました!)
私は、制作部の人事担当をしているので、採用試験で出題する問題の内容検討や、会場準備、進行管理をするなど、結構たいへんな役割を持たされています。

来月は、第2弾(大学卒業者と高校卒業者対象)となる新卒者入社採用試験が実施されるので、準備を始めなければなりません。

また、今年の4月に入社して、部内に配属された新入社員10名(全員女性)の「実務研修経過報告会」が9月8日(金)に実施されるため、各課教育担当者の報告書の確認及び、進行準備に追われることになります。

本来の仕事を犠牲にしてまで、採用試験や新人教育に関わらなければならないのは結構きついのですが、やりがいはあります。

ところで、今週は、弊社クライアントの比較的大規模なWebサイト構築の打合せが連日のようにおこなわれます。
うまくいけば木曜日にクロージングできそうなので、抜け落ちのないように気を引き締めていかなければなりません。

週末にクロスメディアエキスパート認証試験があることなど眼中になくなっています。
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

OpenPNEで構築する自作SNS入門

8月19日(土)にnao師匠の実習セミナー「OpenPNEで構築する自作SNS入門(構築・設定編)」に、Web制作者の部下と一緒に参加してきました。
私は、同じ内容のセミナーを7月に受講していたため、今回は部下に付き添いとして無償で参加させてもらったのですが、内容は前回よりも充実していました。
nao師匠が、現在執筆中というSNS関連書籍の生原稿をテキストにしての実習でしたが、初心者にもわかりやすい説明となっていました。

部下のWeb制作者は、SNSの構築を知ることが始めてであるため、アップロードに於けるディレクトリ構成やデータベース設定、メール設定などをしっかり理解したかどうかを実際にWebサーバー内に構築してもらうつもりです。

今回のセミナー参加者は私を含めて6名でしたが、3名の方と名刺交換及び、mixiでのマイミク、OpenPNE SNSでのマイフレンドとして親交を深めることになりました。
また、セミナーの後に座談会をおこなったのですが、SNSのビジネス利用に関する非常に内容の濃いものになりました。

8月18日(金)に、NPO法人ハーモニーアイ様へお伺いして、活動協力に関する打合せをおこないましたが、アクセシビリティに関する考え方には感激しました。
Web標準を目指していくとアクセシビリティの理解が必要になります。
8月30日(水)に実施されるハーモニーアイ主催の「Webアクセシビリティ中級講座」にも、Web制作者の部下と一緒に参加することにしました。

最近、部下のWeb制作者と同行出張することが増えてきましたが、社内でのOJTや、本を読むだけでは得ることができないことが、外部のセミナーに参加することや異業種と交流することによって得られるようです。

私の右腕になってもらうべき部下として育てていくのですが、女性なので多少の不安もあります。
一番怖いのは、女性ならではの理由で退職されることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

夏休みって、いったい…?!

世間も会社も夏休みのようですが、休み中でなければできない社内サーバーのバックアップやメンテナンスを行なうために出社したり、休み中に急遽亡くなった親戚の叔父さんの通夜・葬儀に出席したりしているので、休みらしい休みを取ることができていません。

休みを取ることができたら、クロスメディアエキスパート認証試験の勉強をしなければ!と意気込んで予定していたことが全く実行されることなく、休みが終わろうとしています。
_| ̄|○

試験まで10日となりましたが、せめて、前回試験の弱点を補う程度の勉強はしておきたいと思っています。

他流試合の心意気は忘れないようにするつもりです。

それにしても、休み中も得意先のWebサイトの更新をしなければならないので大変です。
(T_T;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

クロスバトルと鬼十則

印刷業がクロスメディアに取組む場合に、相手にしなければならないライバルは強大です。
JAGATのWebサイトの「クロスメディアは、クロスバトル」という記事に述べられているように、印刷業が相手にしていくライバルは「電通鬼十則」のようなの心構えを持っているわけなので、同業社間での競合のように価格、設備といった小手先戦略では太刀打ちできません。
私も印刷業に従事して20年になりますが、現在求められている進化は、今までような業界内部に於ける進化と異なって、IT業界という外部の業界に対抗、あるいは融合していくものであって、考え方や行動を印刷業界の既成概念で捉えても進化の方向性は掴めないと感じています。

私が「電通鬼十則」を知ったのは平成元年ですから、もう17年も前のことになります。
ちょうど、電算写植の隆盛期で、社内には写研の電算システムが大量に導入されていました。
また、製版もトータルスキャナシステムの導入検討がされていたような記憶があります。
職人のアナログ技術をデジタル的に継承していくという業界内進化の兆しが表れた頃に、社内管理者研修でこの「電通鬼十則」を知り、かなり啓発されたことを思い出します。
そういえば、当時、この「鬼十則」を会社の机の目につくところに貼って、モチベーションを高めていました。
バブル経済絶頂期の頃です。

ここに来て、再び「電通鬼十則」が注目されたのは、戦うビジネスマンが必要とされてきているからだと思われます。

再びといえば、最近、ウェイトトレーニングを再開してトレーニングジムに通い始めたのですが、ジム内の施設で極真空手のジュニア・シニア向けの稽古をやっているのを知り、何か縁があるのかもしれないと感じたりしています(入門するのは検討中ですが…)。
サラリーマン空手日記」ブログの捌見習さんに刺激されて、大山総裁が亡くなってから忘れていた極真魂が再燃してきました。

しかも、クロスメディアで"他流試合"という言葉が出てくるとは、武道精神を刺激されます。

再び戦いの時代になるのであれば、刀を錆びつかせておくわけにはいかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

インターネット利用アドバイザー

財団法人インターネット協会より「インターネット利用アドバイザー試験」の結果報告が届きました。
===================================
こちらはインターネット協会検定事務局です。
過日は「インターネット利用アドバイザー試験(2006年上期)」面接試験にお越しいただきありがとうございました。
下記の通り結果をご通知申し上げます。

結果:合格

論文試験および面接試験の結果を総合的に評価し、慎重に審査を行った結果、合格と判定しました。
===================================
\(^_^)/
8月26日(土)に「インターネット利用アドバイザー研修」と称する研修において、アドバイザーの心構えやインストラクション講習が実施されます。
研修受講終了後に「インターネット利用アドバイザー証」を授与され、「インターネット利用アドバイザー」の称号が与えられるようです。

▼関連リンク
・インターネット利用アドバイザーのご案内
・インターネット利用アドバイザーよくある質問

また、アクセシビリティ講座でお世話になっているNPOハーモニーアイさんに企業賛助会員として入会をすることにしました。
NPOハーモニーアイさんは、現在、印刷業界へ的を縛った講座のプログラム実施も、考え初めているということで、ちょうどよいタイミングだったようです。

「インターネット利用アドバイザー」と「JPITAパソコンインストラクター」の肩書きで地域ボランティア活動をしながら、NPOハーモニーアイさんの協力を得て、障害者と老人orシニアのWebアクセスを推進するために、アクセシビリティの啓蒙活動をして行こうと思っています。
企業活動として実行していきますが、どちらかというとボランティア的な要素が高いです。

ところで、仕事が忙しすぎて、「CSMS資格認定テスト」は1問もやってませんし、「クロスメディアエキスパート認証試験」に向けて勉強しなければならないのですが全く手つかずです。
夏休みを利用して勉強しようと思っていたのですが、夏休み期間に社内サーバーのバックアップ&メンテナンスや画像データベースのバージョンアップを実行するためにできなくなってしまいました。

クロスメディアエキスパートへの道のりは遠いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

成長の法則

「成長の法則」(ジェフ・ケラー 著)という本に巡り合いました。

1ヶ月ほど前に、人生最大の辛く苦しい出来事があり、気持ちが落ち込んで、立ち直るための突破口を探していたところに、偶然出会うことができた1冊の本です。

私を勇気づけてくれる慈愛に満ちた多くの言葉。

闇夜に一筋の光を見つけることができました。

ジェフ・ケラー氏に感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

Webアクセスビリティ初級講座 2日目

昨夜7時30分から9時30分まで「Webアクセスビリティ初級講座 2日目」を受講してきました。

今回は、ユーザーテストの実施記録に基づくWebサイトの問題点についての講習でした。

テスト対象となったWebサイトを全盲の視覚障害者3名、シニア・シルバー3名の計6名によるモニターに、3つのタスクを実施してもらった操作(行動)記録と思考発話記録から、アクセスビリティ上の問題点を指摘していくもので、たいへん参考になりました。

とりあえず、初級講座は今回で修了となり、次回(8月30日開催)は中級講座となるようです(初級講座の修了証書をもらいました!)。

中級からは、アクセスビリティに配慮したWebサイト構築のコツを実践的に教えてもらえるようです。

ちなみに、弊社が制作したサイトもユーザーテストを希望してあったのですが、Flashを多用しているサイトだったので、テストする以前の問題として全くダメだと言われてしまいました。

それから、7月14日(金)に受験した「第2回薬事法管理者認定試験モニター試験」に合格することができませんでした。
「PWA検定」の試験勉強を優先してしまったため、公式テキストに目を通したのが試験日の2日前という最悪な状況になってしまったので、合格できなくて当然です。
知人に紹介されて興味を持った試験でしたが、専門外なので力が入らなかったことも敗因となっています(とはいえ、薬事法を知る機会が持てたことは良かったですが…)。
しかし、この試験は次回からネット検定として実施されるようですが、資格を取得するまでに9万円もかかります。
合格すると、1万円の登録講習を受ける必要があり、更に1年後の更新時に2万円かかるというのは…知らなかった!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ソリューション営業強化術

昨日、東京西新宿のファーストウェストで開催された「営業力強化の処方箋 ソリューション営業強化術」セミナーに参加してきました。
講師は「ソリューション営業の道具箱」のブログでお馴染みの"つかさ"さんこと、川島章司先生です。

講義のプログラムは、
1.ソリューション営業への変革
・営業活動変革の必要性
・ソリューション営業のプロセスと重要スキル
・SPC診断による営業力強化の方向づけ

2.診断結果に基づく営業力強化の処方箋
・営業プロセスの強み・弱みの理解
・営業機能強化の方策
・営業スキルの強み・弱みの理解
・スキル向上の方策

事前にSPC(Solution Process & Skill Check)診断チェックをおこない、受講時に個別の診断報告書を受け取り、講義の中で確認するという進め方は理解を深めるのに非常に良かったです。
SPC診断によって自分の弱さが明確になり、何を強化すべきかが判りました。
日頃の営業活動で役立たせるように研鑽します。

セミナー終了後につかさ先生と名刺交換することができましたが、感激しました。
つかさ先生、ありがとうございました。
m(_ _)m

ところで、この後は「ウェブアクセスビリティ初級講座 2日目」を受講するために竹橋に向いました。
受講報告はのちほどエントリします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »