« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の13件の記事

2006年12月31日 (日)

2006年大晦日

2006年大晦日です。
今年は例年になく充実した1年となりました。
今年1年、無事に過ごすことができたことに感謝します。
そして、2007年へ向けての準備は万全です。
2007年を悔いのない1年とするためにも心身ともに充実させて元旦を迎えます。

ところで、木星運行から2007年を予測すると・・・
2006年11月28日から、2007年12月19日までの間、木星が『いて座』にあります。
『いて座』は、「ミッションの柔軟」を暗示しています。
つまり、2007年は「あれこれやりたいという行動のエネルギーが活性化」しているのです。

この期間にブレイクする可能性が高いものとして、
 ・リッチコンテンツ
 ・Web3D
 ・ネットワークゲーム
 ・セカンドライフ(バーチャルソサエティ)
 ・アバター
 ・ポストペット
 ・出会い系サイト(ブログ・SNS)
 ・起業サイト(ネットショップ・ブログ・SNS)
 ・ウェディングビジネス
などがあります。

常に予測を立てて、先端を知る努力を怠らないことと、ビジネスチャンスをものにできるように迅速な行動をとることの2つが、私の2007年の重要課題となります。

また、12月下旬に急遽発足した、中国進出プロジェクトの活動が開始されました。
私もプロジェクトメンバーとして加わることになり、来年は中国へ頻繁に出張することになるかもしれません。
2007年は、2006年以上に忙しく、楽しい1年になりそうな予感がしています。

それから、2007年1月~2月の自己啓発計画を立てているところですが、年明け早々に面白そうなセミナーが立て続けに開催されることがわかり、参加表明しています。
1月13日(土)は、東京大学で開催される「BEAT Seminar 子どもとネットコミュニティ」に参加します。
1月16日(火)は、Jagra Webスクールの「Dreamweaverベーシックトレーニング」に急遽参加する(教え方を学びたい!)ことにしたため、同日に参加表明しているアウンコンサルティング株式会社の「クロスメディア戦略セミナー」は部下に参加してもらうことにしました。
1月17日(水)は、株式会社ビーイングの「目標を突破する実践プロジェクトマネジメントセミナー」に参加します。
また、ナレッジスタジオのnao師匠による月例セミナーが1月20日(土)~22日(月)まで3日連続で開催されますが、とりあえず20日(土)開催の「2時間でわかるPukiWiki導入・活用編セミナー」と、22日(月)開催の「2時間でわかる地域SNSのツボ  西千葉SNSあみっぴぃ編セミナー」に参加表明しました。
さらに、2月7日(水)~9(金)までJAGAT主催による『PAGE2007』が開催されます。
私が参加表明するのは2月8日(木)と9日(金)にデジタルメディアトラックで開催される「モバイルコンテンツの充実」「次世代Web検索」「紙メディアからクロスメディアへ」「Web2.0時代のサイト構築」「プロデューサー、ディレクターへの道」「クロスメディアの進化」の6つのカンファレンスです。
他にも、クリエイティブコモンズ、テレビブログ、ロフトワーク、デジタルハリウッドなどによるクロスメディアカンファレンスが開催されるようですので楽しみです。
特にテレビブログの神田敏晶氏、橋本大也氏によるカンファレンスには注目しています。
そして、来年受検予定の『メンタルヘルス・マネージメント検定』に備えて、2月21日(水)に「職場のうつ予防のためのメンタルマネジメント・セミナー」を受講します。

とにかく前進あるのみ!
楽しい1年にしてみせます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

2時間でわかる?MovableType講座

12月24日に「2時間でわかるMovable Type(CMS機能活用編)」を受講してきました。

今回の講座では、自分の視野の狭さとMovable Typeの奥の深さを知りました。
短時間でしたが、私の知らなかった応用的なヒントを得ることができたことは大きな収穫でした。
特に制作サンプルとして見せていただいたサイトは、たいへん参考になりました。

早速、最新のMovable Type3.3Jを会社でホスティングしているNTT WebARENA に新たにセットアップしてみました。
セットアップ途中でサーバーの仕様による問題(Jcodeモジュールが干渉による不具合)が発生!
セットアップ後に文字化け(mt-config.cgiに、PublishCharset EUC-JP を追記しないことによる不具合)が発生!
結構、解決するのに時間を要しましたが、何とか正常に動作するところまでたどりつけました。
しかし、お楽しみのカスタマイズは冬休みの宿題とすることにしました。
衝動的に『改訂新版 Movable Type 標準ハンドブック(3.3対応)』(インプレス | 平田大:著)を購入してしまいましたし、来年はMovable Typeの攻略にも力を入れようと思います。
偶然かもしれませんが、これから受講する『Linux Webサーバー構築講座』は、Vine LinuxでMovable Typeが動作するように専用のカスタムインストールをおこなうようです。

ところで、『日経SYSTEMS 12月号』の「リッチで変える」の特集を読んで、システム開発のリッチ化が進展する予感がしてます。
RIAコンソーシアムの活動を追っかけてみる気持が強くなりました。
衝動的に、『RIAシステム構築ガイド2.0(2006年版)』(RIAコンソーシアム)を購入してしまいました。

それから、『日経SYSTEMS 1月号』の「短納期を乗り切る勝利の工程表」の特集は、今まさに攻略中のプロジェクトマネージメントについてでした。
偶然にも『マネジメント改革の工程表』の著者である岸良祐司さん(株式会社ビーイング)の記事も掲載されていて、タイミングがバッチリだったので驚きでした。

わりと旬の話題についていけるようになってきているので、うれしくなっています。

今年のクリスマスは、知識のプレゼントをいただきました。
このプレゼントは、今後に活きるとてもすばらしいものです。

nao師匠に感謝します。
来年の講座も楽しみにしております。
m( _ _ )m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

イブの夜は…MTの虜

本日はクリスマスイブなのですが、nao師匠の「2時間でわかる講座(夜間講座改め)」が、17時30分~19時30分まで開催されます。
今回は、「2時間でわかるMovable Type(CMS機能活用編)」です。
イブの夜に、ブログだけでないCMSとしてのMovable Typeの魅力を伝えていただけるそうですから、参加しないわけにはいきません。
今年の社内CMS構築の検討は、Movable Typeからスタートして、XOOPS、SNSと幅を広げてきました。
現在はXOOPSが優位なのですが、この講座の影響しだいでは、再びMovable Typeが浮上してくるかもしれません。
期待してますよ!nao師匠!!

▼2時間でわかるMovable Type(CMS機能活用編)
http://knowledgestudio.biz/modules/pukiwiki/67.html

また、今回から、講座の会員受講会費が、20,000円/6ヶ月→20,000円/12ヶ月に変更されたこともあって、ビジター受講から会員受講にさせていただきました。
バッチリ勉強させていただきますよ。
それから、来年の春先くらいにnao師匠に来静していただき、SNSのセミナーなどを開催する予定でいますので、よろしくお願い致します。
m( _ _ )m

ところで、昨日購入した「新メディア進化論 インターネットに押されるテレビ」(日経BP社 | 西 正:著)も、先ほど少し読み始めたところばかりですが、インターネットが放送業界に与える影響の程を知ることができて面白そうです(2011年の地上アナログ放送廃止に伴い、ビジネスがどのように変化するのかを予想するのも楽しいかもしれません)。

今、気がつきましたが、「日経SYSTEMS」の12月号(先月号)の特集は"リッチクライアント"だったのですね!読まずに放置していました。
最新号が届いていますが、今日の電車での移動中に読む本は「日経SYSTEMS12月号」に決まりです。
1ヶ月遅れは大きいなぁ!

ちなみに、私の来年のキーワードは『リッチ』なのです。

・リッチクライアント
・リッチコンテンツ
・リッチメディア 
etc.

リッチリッチで贅沢三昧!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

あえて苦難に身を投じます!

「Startforce」というWebブラウザ内にOSの仮想デスクトップ環境を作るサービスを利用してみました。
このサービスは「Webデスクトップサービス」と称されているようです。

単に見た目がデスクトップ環境のように見えるというのではなく,本当にWebブラウザのウインドウ内でアプリケーションを起動したりフォルダを作ってファイルを移動したりできます。
この機能はAjaxの技術を使って実現しているのですが、もしかすると数年後にはOSの存在など意識しなくても、Webディスクトップ上であらゆる作業がおこなえるようになるかもしれません。

インターネットに接続されたテレビでこのサービスを利用できるようになると、OSを搭載したパソコンなどが必要なくなるのではないかと思ったりしました。
未来を先取りした気分になりました。

▼「Startforce」のサイト
http://www.startforce.jp/

それから、課長007さんのブログの記事で、「Pingoo!」というブログのPing一括配信サービスと、このサービスの運営者である株式会社ぶらんこの永井洋志さんの存在を知りました。
早速、このサービスを利用すべく登録をしました。
また、永井洋志さんのブログを拝見して、前向きな考え方を見習わなければならないと感化されました。

課長007さんには頭が上がりません
m( _ _ )m

▼Ping一括配信サービス「Pingoo!」
http://pingoo.jp/

▼株式会社ぶらんこ 永井洋志ブログ
http://nagai.weblog.ne.jp/

そういえば、課長007さんには、プロジェクトマネージメント関連の情報として「マネジメント改革の工程表」(中経出版 | 著:岸良祐司)や「TOC-CCP」のことも紹介ていただき、非常に助かりました。
プロマネの知識・技術をつけるために、来年1月に開催される株式会社ビーイング主催の「目標を突破する実践プロジェクトマネジメントセミナー(有料)」に参加しよう!という啓発機会を与えてもらいました。

ありがとうございます!
m( _ _ )m

今、私の机の上にある書籍類を見ても「仕事は、かけ算。20倍速で、自分を成長させる」(かんき出版 | 著:鮒谷周史)も「営業マン支援のスゴい仕組み」(ダイヤモンド社 | 著:工藤龍夫)も「マーケティング実践講座」(ダイヤモンド社 | 著:須藤実和)も全て課長007さんが紹介してくれていたものです。

ホントにもう・・・お世話になりっぱなし
m( _ _ )m

ところで、先ほど「UNIX/Linuxコマンド Topics - 30日間無料メールセミナー」というメルマガでお世話になったPakira(パキラ)こと宮崎智広さんから「Linux Webサーバー構築講座」開講の案内メールが届きました。
最近、Linauxのことから遠ざかっていたので、復習とスキルアップのために受講してみることにしました。
今回の講座は有料ですが、かなり実践的な内容ですし、短期間で技術を習得できそうなので受講申込みをしました。

やるべきことがたくさんありますが、あえて苦難に身を投じます。
啓発の機会が多くあることには、感謝しなければなりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

モールインモール

本日、ショッピングモールサイト構築用プログラムのカスタマイズ作業が完了しました。
当初は2ヶ月で完成させて、11月中旬にオープンさせる予定でしたが、クライアントからの要求案件が増えたことや、携帯電話対応サイトを自動生成させるプログラムを追加したことによって、3ヶ月以上もかかってしまいました。
このプログラムは、韓国のシステム制作会社に依頼して制作してもらいましたが、複数店舗の登録・管理機能(モールインモール機能というらしい)、多国語対応(英語、韓国語、中国語)機能など、他の中小規模のショップサイト構築プログラムにはないものになっています。
明日は、実運用するサーバーへの設置作業と、最終チェック及び、各種クレジットカードシステムへの決済連動をおこない、年内中に機能マニュアルを制作することになります。
その後は、モール内のテナントショップのデザイン制作を2月までに完成させ、3月にプロモーションを実施して、4月にオープンさせる予定です。

ちなみにモール名は『富士ナチュラルファーム』に決まりました。

なんとか先が見えてきましたので、安心して新年が迎えられそうだと思っていたのですが、急遽、60ページ程のボリュームがあるWebサイト制作の仕事が入ってきました。
新年早々には、サッカー用品メーカーのカンパニーサイト&ショッピングサイトの構築が始まりますし、米穀店から依頼のあった販売管理システム+POSレジシステムの設置や、大規模な新規事業プロジェクトに於ける受発注販売仕入在庫管理システムの構築・設置・運用管理などが控えているので、楽しいのですが、緊迫の日々を送ることになりそうです。

ところで、昨日に引き続き、「NET Marketing Forum 2006 講演録」(日経BP社)の株式会社Jストリーム代表取締役会長兼社長である白石清さんの『ネット動画の可能性と最新活用事例』のiPodデータを拝聴しました。
動画系のスキルを身につけなければならないという焦りと、ビデオ制作・編集を自社内で行なえるようにならなければ意味がないという思いが強くなり、ビデオ制作機材の購入稟議を出すことにしました。

とにかくトライしてみなければ道は拓けません。
外部スタッフにビデオ撮影のプロがいることですし、最小のリスクで新しいことにトライできるのですから、チャンスだと思わなければなりません。

それから、次年度中の予定として中国にDTPの制作会社を設立させる考えがあることを上層部から聞かされました。
来週早々に中国から関係者が打合せに来社するので、DTP制作の業務について説明して欲しいそうなのですが・・・あまり深入りしたくないプロジェクトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

明日はないと思って、今日を生きる!

日経BP社の「NETMaketing Forum2006 講演録|ネットとモバイルが拓くマーケティング2.0」という書籍を購入して読み始めました。
この書籍は、去る11月1日(水)に開催された「NETMaketing Forum2006」のセミナーの内容を1冊の本にまとめたもの(一部の講演ビデオDVD付)です。
日経BP社のサイト上でも特集が組まれて、各セミナーの資料・音声・映像をダウンロードすることができるようになっています。(但し、12/22までの期間限定)

私がこのイベントのことを知ったのは、開催日の翌日だったのですが、講演プログラムを見て、参加できなかったことを悔やんでしまいました。
たまたま幸運だったのは、日経BP社さんがこのイベントを重視して、講演録を出版する運びになったことです。

私が、この講演の中で注目したセッションは、国内外の最新動向に関する、織田浩一さん(デジタル・メディア・ストラテジーズ)の『マーケティングは対話になった~「テレビCMの崩壊」を超えて~』と、三井英樹さん(RIAコンソーシアム)の『企業のマーケティング活動を生かすRIA(Rich Internet Application)』の2つです。
今日はとりあえず、この2つの講演録を読んで、ビデオを観ましたが、勉強になります。

RIAに関しては制作意欲を駆り立てられました。

それにしても、この講演から2ヶ月足らずの間に、Webマーケティングの様相も変化し続けています。
しっかりと前を向いて、遅れないようしなければなりません。

また、知人から薦められて「もっと短期間で目標を達成するための7つのポイント」(竹内正浩 著)という小冊子を読みました。

7つのポイントというのは、

1. 自分の時間を計算する
2. 自分の時間が短いことを理解する
3. 目標を明確化する
4. 本当に必要かどうか考える
5. 振り返ってみる
6. 他人に学ぶ
7. たいしたことのない事は敬遠する

以上ですが、自己の成長管理のPDCAのように受け取りました。
自分の人生について考えさせられる内容で、即実行しなければ!という気持になりました。

それから、今年の春くらいに「日本のWebにも動画やリッチコンテンツの波が到来する!」と大言してアクセシビリティ派の知人から疎まれていたのですが、ここに来て、いよいよ加速度的に進み始めました。

▼「価格.com」動画配信サービスの比較を開始!
http://www.nikkeibp.co.jp/news/it06q4/521066/

▼「SkypeがブロードバンドTV放送を来年開始」
http://www.nikkeibp.co.jp/news/it06q4/521124/

こんな記事を読むと、わくわくしてきます。

思わず、2007年1月16日(火)にか開催されるアウルコンサルティング主催の『クロスメディア戦略セミナー「動画コンテンツを無駄にしないワンコンテンツマルチユースとは」』に参加表明してしまいました。
▼クロスメディア戦略セミナー
https://www.sem-ch.jp/seminar/index070116.html

明日があると気を抜かずに、今日を精一杯生きていかなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

「ウェブ人間論」を読んで… その1

新潮新書の新刊「ウェブ人間論」(梅田望夫+平野啓一郎:著)を読みました。
ウェブ進化によって、人間がどう変わるのか?」をテーマとして、梅田、平野の両氏が対談したものを下記の4章構成でまとめた内容となっています。

第1章 ウェブ世界で生きる
第2章 匿名世界のサバイバル術
第3章 本、iPod、グーグル、そしてユーチューブ
第4章 人間はどう「進化」するのか

実は、読む前に期待していたことが、読んでいる途中で薄れていきました。

そして、素朴な疑問が・・・
人間性を喪失していくことが進化なのか?!

ネットがリアルの対極にあるような表現をして、「ネットの進化に伴って、人間が質的変化をしていく」という考え方をしているのですが、あまりにも偏った考えのように思えてしまいました。

両氏とも、ウェブに毒されているのではないでしょうか?
読んでいる途中で怖くなりました。
人間の頭が良くなるなんて、とんだ勘違いです。
頭が良くなったように錯覚しているだけです。

人間の本質は変わってません。

本当の人間の進化(真価)は、電気やパソコンや携帯やウェブがなくても生きていくことができる能力を身につけていく過程で起きてくるものだと思います。

ウェブは単なる乗り物にすぎないことに気づかなければ、人間はダメになります。

私は、DASH村の生活を人間としての理想的なあり方と考えているような、リアルなコチラ側人間なので、この本での対談内容は理解できましたが、納得できませんでした。

それから、スターウォーズのことが話題に出ていましたが、本質を理解していないですね。

「フォースと共にあらん!」ってことを忘れたらダメです。
フォースと共にあってこそ、変化しうる人間!

私は、ダークサイドはウェブ側のことだと思っていました!

ウェブはドラえもんみたいなものです。
困った時に助けてくれる便利な道具にすぎません。
道具に自分の生き方を依存しても本当の満足は得られないです。

とりあえず、私は、ウェブを利用しつつ、スピリチュアルでハイコンセプトな変化をしていきますゎ。

人間だったら汗して働こう!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月16日 (土)

明日は、PWA検定の受検日!

課長007さんのブログ『課長ほど素敵なショーバーはない!?』の12月4日付「マネジメント改革の工程表」の記事を読み、非常に興味を持ったので、同名の書籍「マネジメント改革の工程表」(岸良祐司・著)をAmazonで購入したのですが、在庫がないということで10日間待たされ、ようやく本日届きました。
早速、数ページに目を通しましたが、なかなか良い感じです(課長007さんのお薦めするものにはピタリと波長が合って、今までハズレたことがないです)。
本日の東京出張(1泊2日)の移動・宿泊中の空き時間に読むことにしました。

Web制作者にもプロジェクトマネジメント能力が必須になってくるようですので、弊社の情報企画室(私の所属部署)では、JAGATのクロスメディアエキスパート認証試験の勉強を兼ねて、プロジェクトマネジメントの学習を進めていくことにしています。
明日(12/17)実施される大阪商工会主催の「PWA検定」は、その一環として受検するものになります。

また、「マネジメント改革の工程表」と一緒に購入した「ウェブ人間論」(新潮新書)と、「仕事は、かけ算 20倍速で、自分を成長させる」(かんき出版)も届きました。
「ウェブ人間論」は「ウェブ進化論」の続編になるようですが、面白そうな内容です。

これから、Eコマース協議会の忘年会です!
そして、明日は、PWA検定の受検です!

がんばるぞ~!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

If I Knew It Would Be The Last Time

本日、mixiの【幸せはいつも自分の心が決める】コミュニティに記されていた詩に感動してしまい、ブログに転載することにしました。

今日という日を真剣に一生懸命に生きなければなりません。
私と、あなたと、みんなの未来のために…。

------------------------------ 

誰かに優しくするのをこわがっていませんか?
素直になれないときがありますか?
大切な人に、大切な言葉を伝えるのを
「次の誕生日に」「仕事が落ち着いたら」と、先延ばしにしていませんか?

プライドが邪魔したり、
明日があるさ、とのんびりしていたり。

私はいつもそうです。

だけどこの詩を、ある方から教えていただき、思い出しました。

2001年のNY同時多発テロのあと、
ネット上でよく見かけた詩です。

5年後の今、世界はいい方向に動いているでしょうか?
私たちは、一日、一日をめいっぱい生きていますか?
大切な人に、大切だよ、と、言葉で伝えているでしょうか?

Are you afraid of being kind?
Are you scared of being honest?
Are you putting off telling your loved ones that you care, "till his birthday" or "till work slows down"?

Maybe you're too proud.Maybe you're taking your time because there's always tomorrow.

That's the way I was,

Until someone reminded me of this poem yesterday, the one that was all over the internet right after the 9.11 attack.

5 years from then, is the world changing for the positive?
Are we living the each day to the fullest?
Are we not waiting to tell your loved ones that you love them?

------------------------------

『最後だとわかっていたなら』

あなたが眠りにつくのを見るのが 
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 
最後だとわかっていたら
わたしはあなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって 
毎日繰り返し見ただろう

確かに いつも明日は やってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがえたことも やり直す機会が
いつも与えられている

「あなたを愛している」と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」と声をかけることも
いつだってできる

でも もし それがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日がこないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや 抱擁や キスをするための 
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから


"If I Knew It Would Be the Last Time"

If I knew it would be the last time
That I'd see you fall asleep,
I would tuck you in more tightly
And pray the Lord, your soul to keep.

If I knew it would be the last time
That I see you walk out the door,
I would give you a hug and kiss
And call you back for one more.

If I knew it would be the last time
I'd hear your voice lifted up in praise,
I would video tape each action and word,
So I could play them back for one more.

For surely there's always tomorrow
To make up for an oversight,
And we always get a second chance
To make everything right.

There will always be another day
To say our "I love you's",
And certainly there's another chance
To say our "Anything I can do's?"

But just in case I might be wrong,
And today is all I get,
I'd like to say how much I love you
And I hope we never forget,

Tomorrow is not promised to anyone,
Young or old alike,
And today may be the last chance
You get to hold your loved one tight.

So if you're waiting for tomorrow,
Why not do it today?
For if tomorrow never comes,
You'll surely regret one day,

That you didn't take that extra time
For a smile, a hug, or a kiss
And you were too busy to grant someone,
What turned out to be their one last wish.

So hold your loved ones close today,
And whisper in their ear,
That you love them very much and
You'll always hold them dear.

このブログを書き始めてから、ちょうど1年が経過しました。
1年前の自分と比べて、成長しているのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

「ひかるの碁」に学ぶ勝負魂!

5年程前にTVで放映されていたアニメ「ひかるの碁」(集英社:少年ジャンプ)のビデオを第1話から観続けて、今日で46話目になります。
大河ドラマのようなストーリー性と、主人公ひかるの成長に惹きつけられて、泣いたり、笑ったり、感動の連続です。
気持ちが落ち込んでいても、テーマ曲を聴くと不思議なことにやる気が湧いてくるようになりました。
甘えのない勝負の世界に生きる者たちに憧れます。
目標に対して突き進む姿勢には、学ぶことが多いです。

そして、このアニメを観ることによって、中谷彰宏先生の著書『オンリーワンになる勉強法 一流になる53の方法』に書かれている奥義が理解できるようになりました。

また、本日は「相手を納得させる最強のプレゼン&交渉術」(日本世相調査研究会・編)という本を購入しました。
今のところプレゼンは負けなしですが、勝てる見込みのあるプレゼンばかりだったので、勝てて当たり前でした。
より難しいプレゼンであったとしても勝てるようになるために、最強を目指したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月11日 (月)

波乱の一年も残すところ3週間!

全国イーコマース協議会の12月スペシャル定例会が、今週末の16日(土)に東京で開催されるので、参加表明しました。
イベントタイトルは、「フリーフード・フリードリンク余興つき 忘年会!」
講師は、「謎の覆面先生(多分ここ以外では絶対聞けない、業界の裏を知り尽くしたスペシャルな講師をお招きしての勉強&年忘れの2時間となるらしい…)」
当日は、東京(新宿)に宿泊するので、飲んで食べて楽しみます!

翌17日(日)は、大阪商工会議所主催の「PWA(Project Work Ability)検定」のリベンジ受検です。
前回の試験は、合格点にわずか1点(!)足りずに不合格となってしまいましたが、今回は満を持しての受検となります。
前々日の15日(金)に開催されるJAGATのクロスメディア研究会のテーマが、Webサイト構築・運営のプロジェクト管理に関することですので、タイムリーな学習機会となりました。

さて、いよいよ今年も残すところ3週間となりました。
今年の後半は、検定受検の代わりに、講座やセミナーに参加して実務に即した自己啓発の機会を作ってきましたが、来年は(1ヶ月後ですが…)、検定受検を目標にした学習を再開させます。
クロスメディアエキスパート認証試験(3月実施)、パソコン整備士1級試験(5月実施)のリベンジ受検と、著作権またはコンプライアンス系の検定、Webクリエイター系の検定など、6つ以上の検定試験を受検しようと思っています。

また、年間100冊の書籍を読むことを今年の読書目標にしていたのですが、52冊しか読むことができませんので、再度、目標達成にむけての読書を継続させていきます。

そして、来年の夏にボディビルコンテストに出場するという新たな目標を加えたので、途中で挫けることのないようにトレーニングを継続させて結果を出そうと思っています。
それから、英会話も学習して、海外出張や旅行の際に問題ないようにしなければ!

とにかく、オンオフ充実していて、気分は学生時代の頃のようです。

ところで、本日は冬の賞与支給日でした!
査定期間中の売上が前年対比で106%ということでしたので、賞与もアップしてました!
利益率が若干落ちましたが、決算月までに均していけそうなので、決算賞与も見込みあり!
順風満帆とはいきませんが、経済的な余裕は、精神的な余裕をもたらします。
来年も「がんばるぞ!」という気力が保てます。

お客さんに感謝(ありがとうございます)!
会社に感謝(社長!あなたは偉い)!
社員のみんなに感謝(みんな素晴しい人たち)!
がんばった自分に感謝(一歩前進)!
m( _ _ )m

そして、今年失った全てのものに感謝!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

感動と感謝の日々

Banner_dwcc1_1

「CSS Nite LP.Disk2 DreanWeaverCC」に参加して来ました。

最高でした!\(^_^)/

「CSS Nite」は、Web制作者にとっての感動的なイベントです。
今回はDreamWeaverの奥の深さを実感させてもらいました。
そして、活力が沸いてきました。
鷹野さんとスタッフの皆様に感謝いたします!

また、ハーモニー・アイの馬場代表もお疲れさまでした。
地道にWebアクセシビリティの啓蒙活動をされてきて、今回の「CSS Nite」では、講師として参加することになったのですから驚きです。
思い返してみると、馬場代表との出会いがなければ、鷹野さんとの出会いもなかったですし、Eコマース協議会さん、株式会社ワイドテックさんなどとのつながりも持てなかったかもしれません。
感謝いたします!
この日も、新宿にある日本電子専門学校のWebデザイン担当の先生を紹介していただきました。

良い出会いと良い目標がたくさんあることは幸せなことです!
DreamWeaver&CSSの徹底攻略へ向けてGo!Go!Go!です。

そういえば、先ほど『OpenPNEではじめる自作SNS入門』の著者であるnao師匠から、12月の講座案内のメールが届きました。
私が、参加表明する講座「2時間でわかるMovable Type(CMS機能活用編)」の開催日時はイブの夜です。
乙です。
しかも、「Movable Type」の講座です。
タイミングよく、私のマイミクであり、自ら「ネットビジネス天動説SNS」を運営している"ネット策士"こと、加藤一郎先生の秘伝ツール「スピードブログ(ライブドアブログ編)」を試用していたので、nao師匠がブログの講座をやっていくことがタイムリーに思えました。
「来年は、WordPressやGeeklogもやりたいと思います」ということですが…
乙です。

それから、本日の昼休みにマイミクのまりさんから紹介していただいた『永遠という名の一瞬』(十和音響 著)という本を読了しました。

感動しました!

私のスピリチュアルアドバイザーともいえるまりさんには、「ありがとう」の実践、「ゆるす」ことの必要性を教えていただき、心の癒しと成長を得る機会を与えてもらっているのですが、今回は「希望」を持つことを学びました。
感謝します。
また、この本の表紙の帯に「この本をみつけてくれて、本当にありがとう」という著者の言葉が印刷されているのですが、最近、あるマイミクさんとの交流の中で「sinさん、私をみつけてくれて、本当にありがとう」というコメントをもらっていたこともあり、「みつける」という表現に驚きを感じました。
もしかすると、本当に必要なものをみつけることができるようになってきたのかもしれません。
しかも、偶然ではなく、必然として。

それから、心苦しいことがひとつ!
つかさ先生から提出していただいた「新規事業開発・支援」提案の返事をしなければならないのですが、社長が出張続きで打合せができていません。
申し訳ございません。
m( _ _ )m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

怒濤の如き業務の合間に…

明日は、『CSS Nite LP.Disk2 DreanWeaverCC』の開催日です。

◇日時:2006年12月8日(金曜日)
◇時間:13:00~20:00(12:00受付開始)
◇場所:北青山TEPIA
◇受講費:10,000円 ※書籍付き
※このセミナーに連動して、『Dreamweaverプロフェッショナルスタイル』と題して、講師陣による市販書籍が毎日コミュニケーションズから刊行されます。

私が参加予約したセッションは、

●13:30~
コンポーネントベースのWebサイト設計と開発
●15:00~
DreamWeaverを使ったWeb標準ワー クフロー
●17:00~
ユーザーテストから学ぶWebデザイン
●18:30~
アセット管理で実現するフルCSS

以上の4セッションです。
このうち、「ユーザーテストから学ぶWebデザイン」は、ハーモニーアイのアクセシビリティ講座でお世話になっている岩澤亜紀子さんが講義するものです。
内容はわかっているものの楽しみなセッションです。
当日、弊社とハーモニーアイが共同企画する「Web診断(有料)」チラシの配布をおこなうことになりましたが、こちらも反応が楽しみです。

それから、JAGATクロスメディア研究会の12月定例会が拡大ミーティングとして12月15日に実施されることになったようで、本日参加申込書が届きました。
テーマは「Web構築・運営におけるプロジェクト管理」です。
忙しい中ではありますが、今年最後の研究会ですので参加することにしました。
第3期クロスメディアエキスパート認証試験の試験日が来年の3月18日に決まったようですし、勉強もしなければ!
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

ところで、WiFiコミュニティ『FON』の「La Fonera(ラ・フォネラ)」というインターネット無線ルータが0円(送料別)で貰える「5daysキャンペーン」の開始日(12月9日まで実施)でしたので、早速「フォネロ」というFONのメンバーに登録して、商品購入申込みをしました。
2週間前に参加した『電話2.0セミナー』では、NTTの『Vポータルダイレクト』のことを「電話2.0」と称していたのですが、全ての人が幸せを享受できるという点では『FON』の方が「電話2.0」と称するに相応しいような気がしています。
電話のハード、ソフトが限りなく0円になっていくと、メディアにも大変革が起きますよ。
…というか、公衆無線LANサービスはとてつもない大市場を獲得しますよ!
とりあえず、社内のSkype導入は順調に進んでいますし、ここで『FON』の仲間に入って、有益な情報をもらい、時代が求める方向性を見極めていこうと思ってます。
年末の忙しい時期ではありますが、『FON』を追っかけてみますゎ。

本日は、社内各部署の名刺をファイリングして、管理運用できるようにするために、名刺ファイリングソフトの選定をするように社長から依頼されていたのを思い出したため、販売実績の高いソフトメーカー3社の名刺ファイリングソフト(体験版)の検証を実施しました。
3社それぞれに長短がありましたが、名刺自動登録の文字認識精度、操作性、データベース機能、閲覧方法、Web連携のいずれにおいても、MD社製の名刺管理ソフトが圧倒的に優れていましたので、導入することに決めました。
ソフトの金額が、専用カラースキャナ付で、29,800円!という安値なので、"導入"というほど大げさなことではないのですが、営業部の顧客管理や取引業者管理と連携させて、社内の「業務管理2.0化」を推進できると判断しましたので、あえて"導入"と大げさに表現しました。
それにしても最近の市販ソフトは侮れません。

たった今、「La Fonera(ラ・フォネラ)」が宅送されてきました!!
昨晩ネットで申込んだのですが、早いです!
楽しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »