カテゴリー「クロスメディア」の3件の記事

2008年8月10日 (日)

クチコミ

横浜の隠れた名店として有名な中華料理店「李園」にトマトタンメンを食べに行きました!

Tomato

夏にピッタリのさっぱりした酸味に癒されました♪

他にも一品料理の油淋鶏、スライストマト、焼き餃子、小柱と青菜の炒め物を注文!
ビールを飲みながら、至福の時を過ごしました♪

このお店のことは、知人の話(クチコミ)で知ったのですが、広告・宣伝などしなくても人が集まるお店の実力は凄いです。

横浜市中区本郷町1-18
石川町から本牧方面に抜ける道の途中
→ Google Mapで「李園」の場所を見る

それから、東京駅で"東京限定"というPOP広告に目を惹かれて購入した廣尾瓢月堂の東京土産(東京限定販売)「プリンチーズケーキ」は、売店前のPOP広告を見るまで、この製品のことは全く知らなかったわけですので、広告のリーチ度と購買へのコンバージョン効果がとても高い媒体になっていることになります。

11497320051

▽廣尾瓢月堂|プリンチーズケーキ
http://www.hiroo-hyogetsudo.com/

これも想像以上に美味しかったです!

会社で8人の社員にオスソワケしたところ、8人全員が「おいしい♪」という評価でした!

ところで、この評価はクチコミ(評判)となって世の中を伝播します。
私は、廣尾瓢月堂さんから評判を広げるように依頼されたわけでもないのに、ブログにエントリする話題の1つとして記事にして、クチコミ広告の媒体を作ってしまいました。

======== 中華料理店「李園」の関連記事 ========

トマト湯麺
李園@横浜
李園
李園
6/6ディナー
横浜山手 李園

============================================

== 廣尾瓢月堂「プリンチーズケーキ」の関連記事 ==

東京土産☆プリンチーズケーキ
プリンチーズケーキ☆
プリンチーズケーキ

============================================

●Webの共有サイトに掲出された著作物の権利を主張して、掲出を規制してしまうと著作物の価値を失うことになり(著作物の存在をアピールできなくなる)、結果的に著作者は利益を失うことになってしまう。

これは、歌手の「YUI」が動画共有サイトにアップされた動画を一斉排除した結果、CDの売上が低迷していることで判断できます。
動画共有サイトにPVが掲出されることは、広告代がタダで広告できていることと同じであることに気がづかないとは、本当にもったいないことです。
しかも、世界で最も効果の高い動画広告媒体の検索ワードの対象から「YUI」が消えたわけですから・・・。
どうせなら、「YUI」をGoogleで検索しても何も出てこないようにするくらい徹底的に著作権を主張してみたらどうでしょうか?!

ちなみに、YouTubeで「yui」と検索してみると、「浅香唯」や「堀江由衣」の動画がヒットするので、ついつい見てしまいますし、良い曲があると、ホームページをチェックしたり、AmazonでCDやDVDを探してみたりします。

これって最高の広告効果ではないですか?!

今やYouTubeはAIDMA(アイドマ)のAとIとDとMまでをカバーできる最強の広告媒体なのですね。

YouTubeで「YUI」を探していたのに「堀江由衣」を知ってファンになる人も出てくるだろうと推測できます。(→私のことです♪)

CDやDVDを買うためのお小遣いも限られている人たちは、堀江由衣のCDを買ったら、YUIのCDを買わなくなる確率が高くなるだろうし、TVよりYouTubeで動画を見る人たちは、「堀江由衣」がヒットすることを想定して「yui」を検索することになるでしょう。

▼堀江由衣「恋する天気図」

▽Yui Horie オフィシャルサイト
http://www.starchild.co.jp/artist/horie/

●Webの共有サイトに著作物が掲出されたことで"広告"としての効果が表れて、結果的に著作者は利益を得ることになる。

これは、シンガーソングライター「石野田奈津代」が、著作物がWeb上に掲出されることを規制したりせずオープンにしていることにより知名度や評判を高めて、新曲の売上やライブ動員数を高めていることで判断できます。
ブログ、SNS、YouTubeというWebを核としたクチコミの効果を「石野田奈津代」は上手く活用しています。
「石野田奈津代」は自身の著作物が動画共有サイトやブログにアップされることに対して、「多くの人に私の歌を届けたいからWebにどんどんPVをアップして欲しい」とファンの行為を著作権違反という悪意ではなく、善意のクチコミ、善意の広告として捉えてくれています。

▼石野田奈津代「クローバー」コメント

▼石野田奈津代「クローバー」

▽ishinoda.com
http://www.ishinoda.com/

著作権と広告の捉え方が大きな転換期を迎えていることを知り、著作権の主張もKY(空気が読めない状況)にならないようにしなければなりません。

著作権を主張することは悪くないのですが、ポイントがずれて、CGMを外すようなことになると、とんでもないことになる(著作価値を失墜する)ことを理解した上で、目的にリーチさせる広告戦略のあり方を考えなければならないようです。

ところで、著作権というのは、「これは俺のものだ!誰にも渡さねぇ!欲しけりゃ金だせ!!」という我侭を主張するエゴ(人間の最も厭らしい欲望)の権利を法律で認めているわけですから、争いになると見るも無残な欲望絵巻が展開されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 7日 (金)

メディアミックスと消費者スタイル

商取引の専門紙『日流eコマース』の3/5号の特集は「売上拡大を狙うなら・・・メディアミックスに注目せよ!」です。
EC業の売上拡大、販促強化をおこなうためには、Webだけでなく、紙媒体やイベント、実店舗などを複合的に組み合せることが注目され、ここにきてメディアミックス戦略を進めるネットショップ事業者が目立ってきているようです。

今回の特集では事例研究として、
・ネット×紙媒体
・ネット×雑誌
・ネット×イベント
・ネット×実店舗
など、有力18社が取り組んでいるメディアメックス術が紹介されていました。

メディアミックスの利点は売上拡大だけでなく、ネット事業者の信頼性やブランド認知の向上につながっていることにあるようです。

▽日流eコマース〔日本流通産業新聞WEB〕
http://www.bci.co.jp/ecommerce/index.html

また、2008年度に経済産業省が立ち上げるインターネットショッピングモール「にっぽんe物産市」の概要に関する記事も掲載されていました。

初年度に計上された関連予算が5億円で、ポータルサイト構築に2億円、地域サイト運営事業者30社に1,000万円ずつ補助金として付与されるようです。

4月~5月に中心事業者を公募選定し、7月~8月に地域サイト運営事業者を公募選定するということです。

NPO法人を運営している私の先輩が、地域サイト運営事業者として応募したいということですので、応募条件等を確認して、少しでも見込みがあれば協力するつもりです。

▽「官」もネット商店街 格安出店料で地方対策
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2008/0105

それから、JAGATのWebサイトには、ユーザー側の視点、行動についての考察がPAGE2008の報告記事として掲載されていました。

▽「ユーザー視点に立つ」ことが成功のポイント
http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=11557

▽IT利用による消費スタイルの変化
http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=11554

賢くなったIT消費者を捉えるためには、下記それぞれの消費スタイルに応じた個別の戦略を練ることが必要になるようです。

■新しい10の消費スタイル========
・マルチウィンドウ消費
・アラート消費
・テイスティング消費
・オーダーメード消費
・ロングテール消費
・スパイク消費
・スカイロケット消費
・一点豪華消費
・使い回し消費
・自己責任消費
==============================

ところで、シンガーソングライター石野田奈津代さんが、mixiに登録していることを知り、マイミク申請いたしました♪

そして、976人目のマイミクに加えていただきました♪♪

======724さんからの承認メッセージ=======
あたたかいメッセージ、マイミク申請、
ありがとうございます♪
また、春空の応援、お気遣い、うれしいです!
どうもありがとうございます!
======================================

▽724さんのmixiページ
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=835949

▽724さんのmixi動画一覧
http://video.mixi.jp/list_video.pl?owner_id=835949

石野田奈津代さんはファン作りやプロモーションのためにブログやmixiを効果的に活用しているようです。
明日(3月8日)は新曲「春空-ハルソラー」の話題をmixi内で盛り上げる「石野田奈津代mixiデー」となっています。
マイミクの皆さんが「春空-ハルソラー」をテーマとして日記を書いたり、コメントを書いたりして、石野田奈津代さんにエールを送ります♪

▼流星シャワー

それから、毎年、今頃の時期になると話題になるニューフェイス叩きの記事、コメントを読んで笑ってしまいました。

▽痛い2ちゃんねるニュース
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1099361.html

⊂((〃≧▽≦〃))⊃ ぶぁっはっはっ!!

軍事教育を復活させたらどうなの?
軍事教育国家になれば、これらの愚痴は全て解消されるぞ~!

それにしても、こんな愚痴を言う先輩社員達と一緒に仕事をしなければならない新入社員諸君はかわいそうです。

挨拶ができない新入社員よりも、挨拶ができていないとわかっていながら、注意も指導も満足にできず、愚痴をこぼし、批判することしかできない先輩社員が蔓延ることの方が問題です!!

新入社員諸君は、こんな愚痴を言う社会人には絶対になるなよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

試験まであと2ヶ月!

2月17日(日)に開催される『第5期クロスメディアエキスパート直前模擬試験』に申し込みました!
本番試験1ヶ月前の実力チェックには最適なトライアル模試なのですが、私の場合にはこれが絶好の学習の機会です!!

プライベートタイムは、セカンドライフ、読書、音楽鑑賞、フィットネスという習慣化された優先順位があるので、クロスメディアの勉強しなければと思いながらも、後回しにしてしまう(・・・ってか、ちっとも「クロスメディアな生活」になってないし・・・)。
とりあえず、無勉強で自信のないまま本試験に臨むのではなく、まずは1ヶ月後の模試受験のための勉強をしていくつもりです。

・・・とか書いてみたものの、本日もセカンドライフしてます♪

▽ Second Lifeブログ「シャッターチャンス」
http://da5id.blog.momogon.com/

・・・本を3冊も買いました♪

3冊のうちの1冊『ネット未来地図 ポストグーグル時代の20の論点』(刊:文藝春秋/著:佐々木俊尚)を読みました!
2冊目『大人が知らない携帯サイトの世界 ~PCとは違うもう1つのネット文化~』(刊:マイコミ新書/著:佐野正弘)を読み始めました!
たぶん、3冊目の『勝手サイト 先駆者が明かすケータイビジネスの新機軸』(刊:ソフトバンク新書/著:石野純也)を続けて読むことでしょう。
今年は携帯電話をハブとしたネットビジネス展開の足がかりを作りたいと思っているので、携帯文化の基礎的なことから学び始めているのです。

読書中は石野田奈津代さんのDVD『ミュージックダイブ2007』がBGM♪

こんな感じで日々は過ぎ去り、試験当日を迎えることになるのでしょう。

ところで、先ほど読了した『ネット未来地図 ポストグーグル時代の20の論点』(刊:文藝春秋/著:佐々木俊尚)は、ネット社会の現状を把握するには最適の内容でした。20の論点(キーワード)から、混沌としたネット社会の現状がひとつひとつ浮き彫りにされていきますから、理解しやすいです。
この本を読んだ後、自分なりにこれからのネット社会の未来地図を描いてみるのも良いかもしれません。
その地図には、何かのヒントが隠されているかも・・・?!

とりあえず、この本は、クロスメディアエキスパート試験の勉強に役立ちました!
・・・とブログには書いておこう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)