カテゴリー「クロスメディア認証試験」の39件の記事

2008年3月16日 (日)

第5期クロスメディアエキスパート認証試験

本日、JAGAT主催の第5期クロスメディアエキスパート認証試験の本試験を受験してきました。

▽クロスメディアエキスパート認証試験
http://www.jagat.or.jp/cme/

学科試験は、時間配分に失敗しました。
集中力が2時間続かず、時間内に全問解くことができませんでした。
論述試験は、とんでもない見当はずれの提案を作ってしまいました。
提案内容を絞り込むことができませんでした。

まだまだ努力と勉強が足りないようです。

3/19(水)と3/25(火)に開催されるクロスメディア研究会に参加します。

▽3/19(水):動画サービスの活用効果と成功要因
http://www.jagat.or.jp/

▽3/25(火):Web構築におけるアクセシビリティと課題
http://www.jagat.or.jp/

さて、今週はMTを使ったCMSサイト2件の構築を開始します♪
ケータイを核としたクロスプロモーション提案をします♪
動画サーバーの構築をすることになります♪
メールマガジン配信サービス用に3年間使ってきたサーバーマシンを最新のマシンに移行します♪

今週も楽しくします♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

直前模擬試験!

昨日(2/17)は、JAGATが主催する「第5期クロスメディアエキスパート直前模擬試験」に参加してきました。

1ヶ月後の本試験に備えて、弱点強化対策のための絶好の機会となりました(先週末に「第5期クロスメディアエキスパート認証試験」の受験にエントリしました)♪

今回の学科試験の設問数は30問(回答数は126)/60分、論述試験は、4問/60分でしたので、時間、ボリューム共に本試験の半分程度でした。

第1期試験から2年が経過し、その間に試験対策らしき勉強をほとんどしてこなかったため不安があったのですが、採点の結果、学科試験は126点満点中104点(正答率81%)、合格ラインである70%をなんとかクリアしていましたし、論述試験も"問題点の把握"と"解決案の提示"の関連性は外れていませんので、表現方法と誤字脱字に注意すれば合格ラインをクリアできるという手応えがありました。

クロスメディアエキスパート認証試験に合格することは、このブログを立てた当初の目的を達成させることになりますので、初心(原点)に返って、仕事が忙しいことを言い訳にせず、合格を目指して取り組むつもりです。

▽クロスメディアエキスパート認証制度
http://www.jagat.or.jp/cme/

それから、古い話題で恐縮ですが、ブラジルの"預言者"に呆れました!
マスコミが騒ぎすぎます!

預言を"的中"させたというのは大袈裟ですよ。
だいたいどこまでが"的中"の範囲なのでしょうか?

▼ブラジルの預言者ジュセリーノ氏が語る未来
http://www.sbbit.jp/article/7326/?ref=080207bit1

学者ぶってるおっさんの社会動向予想じゃないですか?!
"TVで話題沸騰!"って、ブラジルの預言者に日本の経済とか世界の環境を語ってもらうことの意味は??
こんなことは最近のニュースを察知している人であれば誰でも言える内容です。
自分の言葉に責任を持たなくて済むようなことを話題にしている適当さに腹が立ちます。

私は、これから起こる凶事を察知して、事を成さない人よりも、凶事を察知して、事を成し、人々を救うことのできる人を"預言者"と呼びたい!

…………………………………………………………
株式会社インプレスR&Dが「日本のセカンドライフ進出企業/サービス事業者一覧2008年春版」作成にあたり、セカンドライフでシムを所有したり土地を借りてサービスを提供中の皆様の情報を、法人・個人事業者問わず募集中!」ということですので応募しました。
インワールドのSapproとKandaの土地は会社名義で借りていますし、私が進行させている様々な行動は先行投資的な立派な業務ですので(会社では遊びと思われているようですが・・・)、セカンドライフ進出企業としてピックアップしてもらおうと思っています。
http://cm.impress.co.jp/?5_46594_9889_6
…………………………………………………………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

エキスパート認証試験の受験申請

______________________
DTPエキスパート認証 更新試験 受験申請
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
JAGATからDTPエキスパート認証 更新試験の受験案内が届きました。
第2期DTPエキスパートを取得してから今回で6回目の更新試験になります。

前回(2年前)の更新試験合格から今日までの間は、ほとんどDTPエキスパート的な職務から遠ざかっているので不安です。
但、唯一の救いは、クロスメディアエキスパート認証試験とDTPエキスパート認証 更新試験試験の試験期日が重ならないことです。

とにかく2年間の差分を埋めるための勉強は必要だと思いましたので、「DTPエキスパート読本 2005-2006」を購入することにしました。
DTPを再確認することの意義は感じていますので、丁度良い機会だと考えて勉強することにします。

受験料(7,000円)の振り込み及び申請書の送付完了!
______________________
クロスメディアエキスパート認証試験 受験申請
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第2期クロスメディアエキスパート認証試験合格への意欲が減退しているので、意識を高めるために受験申請することにしました。
引くに引けない状況に追い込むために、受験料(15,000円)を振り込み、申請書の送付も完了させました。

早急に7月末から8月27日(日)までの学習スケジュールを組まないと、とんでもないこと(両方不合格)になるかもしれません。

しかし、もし今回のクロスメディアエキスパート認証試験に合格すると、2年後はDTPとクロスメディアの両方の更新試験を受験することになります。
______________________
クロスメディアエキスパート認証試験 直前講座
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7月15日(土)に第2期認証試験の直前講座として「クロスメディアの知識と提案方法」というセミナーが開催されますが、内容は昨年の10月に受講した「デジタルメディアのソリューション提案(講義編)」と同様なので参加するのはやめました。

「クロスメディア」ブログのコンタさんが受講するようですので、受講後の感想などはエントリしてもらえるものと期待しています。

このセミナーに参加することによって、JAGATが求める「クロスメディアエキスパート」の姿が理解できると思います。
しかし、この講座はあくまでも「直前講座」であり、「直前対策講座」ではないということを認識した上で受講した方が良いと思います。
また、このセミナーとセット受講すると効果的な「【演習】クロスメディアのソリューション提案」(7月23日(日)に開催)も時間とお金に余裕のある方は、受講してみる価値が充分にあると思います。

DTPエキスパート認証試験の直前模擬試験のような感覚でこのセミナーを受講すると幻滅しますので要注意です。

過去の関連エントリ
・2005年12月19日(月)

 デジタルメディアのソリューション提案 1
 デジタルメディアのソリューション提案 2
・2005年12月20日(火)
 デジタルメディアのソリューション提案 3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

第2期認証試験まで、あと2ヶ月!

第2期クロスメディアエキスパート認証試験の受験申請受付が6月27日(火)から始まっています。

JAGATのサイトには「難関を経てクロスメディアエキスパート誕生」というタイトルで、第1期認証試験に関する記事が掲載されていて、合格できなかった私の"負けじ魂"を刺激します。

しかし、業界的に今ひとつ盛り上がりに欠けるのが気になります。
結局、DTPのような確固とした歴史的、技術的背景がありませんし、牽引するメーカーやベンダーが存在しないことが問題だと思います。
AppleやAdobeといったメジャーなバックボーンを持ったDTPに対して、クロスメディアのバックボーンとなっているのが一部のマイナーな識者に過ぎないことが試験の人気を左右する要因になっているのではないかと思われます。

端的に言えば、クロスメディアが儲けの対象にならないということでしょうか。

公式の受験案内もコピーみたいなものですし、安っぽく見られても仕方ありません。

ともあれ、愚痴を言っても仕方ないです。
こういう生意気なことは合格してから言うようにしなければダメですね!

捌見習いさんもリベンジに向けて本格的に勉強を始めたようです。
私も気持ちを高めていくようにします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

情報は、新しいほど価値があるはず…

_____________________
Crossmedia Expert認証試験の勉強中ですが…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第1回クロスメディアエキスパート認証試験の勉強をしていた時に読んでいなかった参考書籍を数冊購入して、読み始めました。
本日は、東京出張の移動中に「早わかり 図解&実例 よくわかる!ソーシャル・ネットワーキング」に目を通してみました。
読み始めて、書いてある内容がどうも古臭いと思って、奥付を確認してみると…発行日が2004年12月でした。
(T_T;) 1年以上前に書かれたものではないですか。

OpenPNEを使って個人的にSNSを構築しようとしている私にとって、試験対策とはいっても必要のないものでした。
ネット通販で購入すると本の内容を確認できないのが問題です。
1,600円もする本だったのに…オークションで捌くしかないっすね。

現時点で、SNSのことを学習するのであれば、東洋経済新報社から近々に発刊される早稲田大学IT戦略研究所の「第二世代ネット革命」を読んだ方が良いと思います。
SNSの最新情報を知ることに関しては、「JANES-Way episode1」のセッション『第二世代ネットコミュニティ SNS(mixi)におけるネットワーク行動~「バーチャリアラー」の特性と果たす役割~』に出席することができて本当に良かったです。

それにしても、推薦する参考図書に関しては、常に更新して、最新の情報にして欲しいものです。
DTPではないのですから、1年前の情報で勉強させないで欲しいと思ったりしました。

ところで、「6SNS(six sns)」というSNSのポータルサイトがあるのをご存知でしょうか?
今時のSNSがわかる気の利いたサイトです。

リンク:6SNS(SNSのポータルサイト)

運営しているのは、株式会社平成健康物語というWeb制作会社です。
実は、これと同様のSNSのポータルを作ろうと計画していたのですが、ここに先を越されてしまいました。

それから、印刷会社の中でクロスメディアに取り組む人は、明るく若々しくビジネスを楽しめるようにならないとダメですね。

MacOS9+Illusutrator8.0J+OCFフォントなんていう環境でDTPしている隣の部屋でクロスメディアやってますと称してホームページを作っているっていうのはどうなのでしょうか?

第2回クロスメディアエキスパート認証試験は、第26期DTPエキスパート認証試験と同時開催らしいのですが、メインはDTPで、ついでにクロスメディアといった感じでしょうか?
_____________________
SEW Japan「SEO講座」の修了テスト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
SEW Japan事務局から基礎&応用コースの修了テストが届きました。

修了メールを送った後に返信がなかったのは、当方でメール受信時に迷惑メールルールが適応されていたことが原因らしく、先方から送られてきたメールがはじかれていたようです。
m(_ _)m 事務局の方には、お手数をおかけしました。

さて、この修了テストですが、受験期間は10日間(提出期限は6/26)となっています。

設問数は全部で5問ですが、想像していたテスト内容と違って、かなり難しいです(実践的な課題です)。
この修了テストが80点以上でなければ、認定試験の受験資格を得ることができなくなります。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) やばいっす。

修了テストがこのレベルだとすると、認定試験って…いったい(T_T;)
_____________________
著作権教育カンファレンス(効果的な著作権教育)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社サーティファイ主催の「著作権教育カンファレンス」に参加してきました。
「ビジネス著作権検定試験」を効果的に使うための教育手法やツールの紹介などが中心に2時間ほどの説明がありました。

当社は、サーティファイの企業受験対象の認定試験会場になっていて、企業受験の検定科目の1つとして「ビジネス著作権検定試験」を実施しているため、どうしても効果的な社員教育について検討していかなければなりません。

今回のカンファレンスの教育手法の説明にもあったのですが、教材を与えて勉強させて、検定受験で合格することを目的としているレベルでは、真の社員教育として機能させていることにはならないようです。
中間法人知的財産教育研究所の方から"PDS"の学習サイクルを運用していくことを勧められましたので、資料を参考にして試してみようと思っています。

とりあえず、「ビジネス著作権検定上級試験」も1ヶ月後に受験することになっているので、自分なりの勉強を始めました。
しかし、他のことを含めて勉強することがテンコ盛りなので時間の取り方が問題です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

広げようクロスメディアエキスパートの輪!

クロスメディアエキスパートの話題を取り上げているBLOGとSNSを探してみました。

【BLOG】
マスター冬扇(^烹^)「ぷち・もば」な日常
クロスメディア
クロスメディアエキスパート認証試験の為のノート
サラリーマン空手日記
なおき本舗

【mixi】
クロスメディアエキスパート
クロスメディア研究会拡大MT5/26
いてるさんの日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

クロスメディアエキスパート認証試験の勉強に役立つ書籍

8月27日(日)に実施される「第2期クロスメディアエキスパート認証試験」の受験勉強を開始するに当たって、JAGATが推薦している参考図書をカリキュラムごとにBOOKLOGで整理してみました。

第2期認証試験が3ヶ月後に実施されるにも関わらず、未だに試験対策用の公認テキストや問題集などが出版されないことを考慮すると、参考図書を一通り読むことが試験対策として必要なことになります。
DTPエキスパート認証試験対策のテキストや問題集は頻繁に改訂されて出版されているようですが、クロスメディアエキスパート認証試験の場合、需要(受験者数)が少ないことが原因で出版されないのでしょうか?

■クロスメディアエキスパート認証試験の勉強に役立つ書籍
ただし,これらの本の中から必ず問題が出題されるというわけではありません。
本の中には,内容の一部のみが該当するというものもあります。

1 メディア概論
2 経営概論
3 IT概論
4 クロスメディア
5 ネットワークとDB
6 デジタルコンテンツ
7 論述

■クロスメディア研究会で役立つ書籍

ウェブ進化論

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

結果が全てを物語る

_______________
Web2.0の最新事情
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨日、静岡情報産業協会主催のインターネット活用セミナー「ネットが変わる!Web2.0の最新事情」に参加してきました。
mixiの日記にも書いた話題なので重複をさけますが、Web2.0の概念に夢を求めることは良いとしても、足元をしっかりと見据えたビジネスをしていかないと、正しい判断ができなくなるかもしれないと思いました。

クロスメディア研究会で講師をされた有限会社CMパンチの佐々木さんが管理をしているmixiのコミュニティの中で紹介していただいた記事に「実際にお金が動いているのは Web1.0な世界、変わらぬ従来型ビジネスモデル」というものがありましたが、これが実状でしょうね。

また、似たような話題に「世間はまだまだテーブル・レイアウトが主流?」というものがあります。
最近のWebサイトの制作上の常識として、Webページのレイアウトは、テープルではなく、CSSで制作しなければならないということがあるらしいのですが、この記事を読む限りでは、現在もテープル・レイアウトがWeb制作の常識であり、逆にCSSはまだ常識の域に達していないようにも思われます。

常識と非常識、儲かる儲からないの判断は、圧倒的多数の支持を得られるかどうかによって変わります。

現状では、Web2.0もCSSも先走りしすぎていて、まだ世間の支持が得られていないように思えます。

このような書き方をするとCSSを信奉している知り合いのWeb制作者から怒られるかもしれませんが、事実は事実ですので真摯に受け取ってもらいたいです。
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
______________________
クロスメディアエキスパート認証試験結果通知
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第1期クロスメディアエキスパート認証試験の結果通知が届きました。
「不合格(T_T;)」ではありましたが、予想していたほど悪くない結果だったので驚きました。
筆記試験の結果は問題なかったですし、論述試験の内容に批判的な考えを持たずに、もう少し別の角度で課題を捉えて提案書をまとめれば良かったようです。

筆記試験は各カテゴリーの足りない点を補うことによって限りなく満点に近づけることができますし、論述試験は安直な課題の解釈と提案をしないように気をつければ、合格ラインに達することが可能だと感じました。

とにかく、再スタートではなく積み重ねになるので、気を抜かず取り組んでいくつもりです。

第2期クロスメディアエキスパート認証試験を3ヶ月後に控えて、明日から積み重ねの学習(主としてJAGATの推薦図書を読むこと)を進めていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

JAGATの記事紹介

JAGATのWebサイトで見つけた記事を紹介します。
___________
認証試験に役立つ記事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
JAGATのサイトにアップされている記事の中で「出版物はどのくらい発行されているでしょうか?」と「1年間の広告費はどれくらいでしょうか?」については、クロスメディアエキスパート認証試験で出題される可能性のある内容ですので、しっかりと読んで理解しておく必要があると思われます。
ついでに「月次印刷業界動向」も読んでおいたほうが良いですね。
___________
情報共有システムの記事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本日、社内プレゼンをおこなう前に読んでおけば良かったと思ったのは「情報共有にはセキュリティ対策は重要」という記事です。

当社トップの認識が低いので、ここに記されている『IT活用の目指すところは、「ち密性、迅速な経営・業務判断支援」であり、「経験・熟練業務の削減」「情報共有によるコミュニケーション改善」である』ということや、『情報の取り扱い方として共有、リアルタイム、コミュニケーションの仕組みが重要な3つの要求機能項目だということである』という考えに及びませんでしたが、私自身が目指していこうとする方向性は正しいことがわかりました。

セキュリティに関しては、現状の業務システムの運用範囲、および今回のCMSの運用範囲において対策はとれていますし、記事の中にあるような『共有やコミュニケーションとは、目的により多くの人が情報をアクセスすることになり、情報をだれに許可するかなど、改ざんされないというセキュリティが必須になってくる』ということは想定した上で、権限や規制をおこなえるようになっているので問題がないことも認識しました。

それから、この記事の中に出てきた『IT統制』という言葉にかっこよさを感じました。肩書きを「IT統制主任」とかにしてもらおうかなぁ…

【注意】『    』内の文章は、JAGATのWebサイトに掲載されている「情報共有にはセキュリティ対策は重要」という記事の中の引用です。この引用に違法性があるようでしたら、ご指摘下さい。直ちにエントリを削除いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

ソリューション営業の心得

本日は、第1回クロスメディアエキスパート認証試験の合格発表の日でした。

私は、昨日エントリしたとおり、発表を確認せずにいたのですが、知人から「残念な結果でした」などという慰めにもならないメールが送られてきたのを読んで、結果を知ることになりました。

しかし、この結果よりも、試験を通してJAGATの求めるエキスパート像が理解できたことや、自分の能力の足りない点を認識することができたことが良かったと思っているので、残念という気持ちはありません。
試験内容が想定外と感じた部分では、非常に悔しい気持ちなのですが、あれこれ含めて次回の試験ですばらしい結果を出すことができるようにがんばる方向に転嫁できそうです。

JAGATのクロスメディアエキスパート志願者という認識のもとに日々研鑽していきます。

ところで本日の本題ですが、クロスメディアエキスパートとしてソリューション営業をしていくためのヒントがたくさん詰まった「ソリューション営業/成功の仕事術」という川島章司さんの著書について触れておこうと思います。

この本は、私がブログネット上でおつきあいさせていただいている「課長ほど素敵なショーバイはない!?」の課長さん と「マスター冬扇(^烹^)「ぷち・もば」な日常 」のたにさんのエントリで高い評価で紹介されていたので、つられるかたちで購入して読んでみました。

全体を通して、川島さんの説得力のある文章表現に好感が持てます。
つまらないビジネス本は読んでいる途中で嫌気がさしてくる(本との相性が悪い状態になる)のですが、説教くささもなく、上から見下したような表現もなく、カテゴリーも整理されていますし、実例に基づいたわかりやすいケースでノウハウを伝授してもらえる良本だと思いました。

クロスメディアエキスパートの営業心得として必要なエキスがたくさん含まれていますので、エキスパート志願者は必読書としても良いのではないかと思います。
また、川島さんのブログ「ソリューション営業の道具箱」を参考にするとより深いノウハウを知ることができるはずです。
私としては、自分と競合する人たちが、このノウハウを身につけてくると戦いにくい状況になるので、秘密にしておきたいのですが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧